為替リスク

為替相場(レート)を予想して大きく稼ぐ為の基礎知識

MENU

為替リスクについて

 

為替というのはある国とある国との間での貨幣の交換レート

のことです。

 

昔は交換レートは固定されていることが多かったですが、

今ではほとんどの国で交換レートが変動するようになっています。

 

為替が固定されていれば分かりやすくて問題はないのですが、

変動すると様々なリスクを伴うことになります。

 

輸入業者や輸出業者は為替リスクが大きいものです。輸入業者は

自国の通貨が輸入元の通貨より高ければ輸入業者は安く仕入れる

ことができるので良いと言えます。

 

ですが逆に自国の通貨が輸入元の通貨より安ければ仕入れ価格が

高くなってしまいますから輸入業者にとっては

困った問題になります。

 

輸出業者は自国の通貨より輸出先の通貨が高ければ多くの利益を

得ることができます。ですが逆に自国の通貨より輸出先の通貨が

安ければ利益が減ってしまうことになります。

 

つまり輸入業者は自国の通貨が高いほうが良く、輸出業者は自国の

通貨が安いほうが良いのです。

 

つまり為替というのは高くても安くてもどちらか一歩の業者にとって

は良くてももう一方の業者にとっては困ることになるのです。

 

ですから為替というのはどちらか一方に傾きすぎないことが

大事なのです。為替リスクを最小限に抑えるためには高すぎず

安すぎずの価格に保つことが大事なのです。

 

為替というのは政府関係者や経済関係者の発言によって大きく

動くことがあります。ですから為替リスクを小さくするには

そのような情報を逸早く手に入れることも大事になります。

 

最近ではFXが活発に取引されることにより、為替の変動が激しく

なってきています。

 

私たちの国は輸出も輸入もしていますから為替リスクには

特に気を付けたいものです。

 

為替の変動によって私たちの暮らしは

大きく変わることがあるのです。